ショートストーリー

雨上がりの謎解き: ヴァンパイア探偵が見た感動の瞬間

紫月探偵事務所には、雨が降り続いていた。レイン、ヴァンパイアの探偵は、窓の外を見つめながら新しい事件の資料を読んでいた。助手のそらは、その隣でノートパソコンをカタカタと打ちながらデータを整理していた。

「レインさん、今回の依頼はちょっと異色ですね」とそらが言った。スクリーンには「雨上がりの失踪事件」と題されたメールが開かれていた。

レインは静かにうなずき、依頼内容を読んでいた。地元の高校生が雨の日に突然姿を消したというのだ。彼らは調査を開始し、まずは高校生が最後に目撃された場所へと向かった。

雨が上がり、空は少しずつ明るくなり始めていた。レインとそらは、高校の周囲を調査し、目撃情報を集めた。一人の目撃者が、高校生が公園の方向へ急いでいるのを見たと言った。

公園へと足を運んだ二人は、そこで予期せぬ光景を目にした。失踪したとされる高校生が、野良猫に傘を差し出している姿だった。

レインは高校生に近づき、優しく話しかけた。「なぜここにいるんだい?皆が心配しているよ。」

高校生は驚いた表情で答えた。「この猫が雨で濡れていたんです。家に帰る前に、少しの間、彼を守りたかったんです。」

レインはその優しさに心を打たれ、少し微笑んだ。「君の優しさは素晴らしいが、家族や友人にもその優しさを見せてあげてほしい。彼らは君のことを心配しているからね。」

高校生はうなずき、猫を近くの動物保護施設に連れて行くことに同意した。レインとそらは彼を家まで送り、彼の家族は安堵の涙を流した。

事件が解決した後、レインとそらは事務所に戻り、窓から夕日を眺めた。「人間の優しさは、時に予想外の形で現れるものだ」とレインが言った。

その日の夜、紫月探偵事務所には暖かい光が灯り、二人は次の事件を待ちながら静かな時間を楽しんでいた。