ショートストーリー

窓際の猫: 紫月探偵事務所の不思議なゲスト

紫月探偵事務所の静かな午後、そらは窓辺で何かに気づいた。

「レインさん、見てくださいよ。窓辺に猫がいるんです!」そらが興奮しながらレインに声をかけた。

レインはゆっくりと立ち上がり、窓辺に近づいた。そこには、真っ黒の小さな猫が日差しを楽しんでいた。

「ふむ、珍しいね。ここに猫が来るのは。」レインが優しく微笑んだ。

「猫ちゃん、こんにちは!」そらが窓を少し開けて、猫に声をかけた。

猫はそらの声に反応して、好奇心旺盛な目で二人を見つめた。そして、ふわりと事務所の中へと飛び込んできた。

「わぁ、本当に入ってきた!」そらが驚きと喜びを交えて言った。

「どうやら、君に興味を持ったみたいだね。」レインがそらを見ながら笑った。

猫は事務所の中を探検し始め、レインの足元にもふらりと寄ってきた。

「こんにちは、猫ちゃん。君はどこから来たのかな?」レインが優しく話しかけると、猫は「にゃー」と喉を鳴らした。

午後はゆっくりと流れ、猫は事務所の中でくつろぎ始めた。レインとそらは猫との時間を楽しみ、日常の忙しさを忘れていた。

夕方になると、猫の飼い主が現れ、猫は再び外の世界へと戻っていった。

「また来てね、猫ちゃん。」そらが猫に手を振りながら言った。

「今日は楽しい時間だった。ありがとう、そら。」レインがそらに感謝を伝えた。

そらは笑顔で「いえ、こちらこそありがとうございました!」と応えた。

窓の外には夕日が美しく輝き、紫月探偵事務所には穏やかな夜が訪れた。