ショートストーリー

猫クッキーと探偵の午後: 紫月探偵事務所のほのぼのストーリー

紫月探偵事務所のキッチンで、そらは特別なクッキーを焼いていた。それは猫の形をした愛らしいクッキーだった。

レインがキッチンに入ってきて、そらの作業に気づいた。「ほう、これは何をしているんだい、そら?」

「レインさん、これ、見てください!猫の形をしたクッキーを作ってみました。」そらが誇らしげに見せた。

レインは一つのクッキーを手に取り、じっくりと眺めた。「これはなかなかの出来だね。君のセンスはいつも驚かせるよ。」

「レインさんが猫好きだから、ちょっとしたサプライズとして作ってみました!」そらが笑顔で言った。

「ありがとう、そら君。君の心遣いはいつも僕を幸せにするよ。さて、どんな味がするのかな?」レインがクッキーを一口かじりながら言った。

そらはドキドキしながらレインの反応を待った。レインはゆっくりと味わい、「美味しいな、これは。君の料理の腕も上がったね。」

「よかったです!レインさんに気に入ってもらえて。」そらが安堵の表情を浮かべた。

二人はクッキーを味わいながら、午後のひと時を過ごした。レインは一つ一つのクッキーを丁寧に味わい、「そら君、君はいつも新しいことに挑戦して、僕を楽しませてくれるね。君のそういうところが、俺は好きだよ。」

そらはレインの言葉に嬉しさを隠せず、「レインさん、僕も一緒にいられて嬉しいです。これからも、色んなことを共有できたらいいなと思います。」

レインはそらに微笑みかけ、「もちろんだよ。これからも君との時間を楽しみにしているよ。」

その日の紫月探偵事務所は、猫の形をしたクッキーと二人の笑顔でいっぱいだった。