ショートストーリー

猫の訪問者: 窓辺の幸せな瞬間

夏の終わりのある朝、レインとそらは紫月探偵事務所で通常の業務に取り組んでいた。そんな時、そらがふと窓の外を見ると、かつて訪れたあの猫が再び姿を現した。

「レインさん、見てください!あの猫、また来たんです!」そらが興奮気味にレインに伝えた。

レインは穏やかに微笑みながら窓を開け、猫に声をかけた。「お帰り、友達。また会えて嬉しいよ。」

猫は優雅に事務所に入り、そらの足元でスリスリと愛情を示した。

「猫ちゃん、また遊びに来てくれたんだね!」そらが嬉しそうに猫を撫でた。

猫はそらの膝に乗り、安心したように目を閉じた。レインはその様子を見て、ほっとした表情を浮かべた。

「彼女が来ると、何だか心が落ち着くね。」レインがそらに向かって言った。

「はい、本当にそうですね。猫ちゃん、いつもありがとう。」そらが猫に感謝の意を込めて話しかけた。

午後の時間は、猫の優しい鳴き声と二人の会話で穏やかに流れていった。夕方になると、猫はゆっくりと立ち上がり、窓から外の世界へと戻っていった。

「またいつでも戻ってきてね。」レインが猫に向けて言った。

そらは猫が去るのを見送りながら、心からの感謝と別れを告げた。「さようなら、猫ちゃん。またね。」

二人は猫の訪問がもたらした幸福感を胸に、日常の業務に戻っていった。