ショートストーリー

暗号に導かれたクリスマスサプライズ: 雪の夜の贈り物

積雪が街を包むクリスマスイブの夜、紫月探偵事務所に届く一通の神秘的な手紙。

そら:「レインさん、この手紙、何か特別なことが書かれているようです!」

レイン(手紙を開き、興味深そうに読む):「面白いね。この手紙、俺たちに何かを伝えようとしている。暗号のようだ。」

手紙にはクリスマスの祝福の言葉が書かれているが、特定の文字が太字で強調されている。

Lovely Office Of Kindness,

Underneath the twinkling Universe, Near the Dazzling snowflakes, a Tiny but Heartfelt gesture Emerges.

On this Festive season, Find Inside a small Christmas surprise that Embodies our gratitude and admiration.

Dearest detectives, may this Evening be filled with Splendor and warmth. Keep these memories close to your Hearts.

そら:「この太字の文字は、何かの手がかりなのでしょうか?」

レイン:「太字の文字を並べ替えると…”Look under the office desk”(事務所の机の下を見て)というメッセージだ。」

そら:「それじゃあ、早速探してみましょう!」

レインとそらは事務所の机の下を調べ始める。そこで彼らは小さな、美しく包装されたプレゼントを発見する。

そら:「これが手紙の意味していたプレゼントですか!」

レイン:「うん、どうやら俺たちのために誰かが用意してくれたサプライズのようだ。」

プレゼントの中には、紫月探偵事務所のロゴが刻まれたペンと、手作りのクリスマスクッキーが入っていた。

そら:「レインさん、このサプライズ、とても素敵ですね!」

レイン:「本当にね。これは俺たちにとって、忘れられないクリスマスの贈り物だ。」

この小さな謎解きは、レインとそらにとって特別なクリスマスの思い出となり、彼らはその夜、心温まる時間を共に過ごした。